LINEモバイルのレビュー LINEモバイルの端末

【レビュー】AQUOS sense2 SH-M08購入の決め手や使ってみて良かったところなど

更新日:

AQUOS sense2 SH-M08のレビュー

おサイフケータイを使ってみたいということで、LINEモバイルで販売されているスマホ「AQUOS sense2 SH-M08」(以下SH-M08)に機種変更をしてみましたのでレビューを書いてみたいと思います。

スマホの購入は約1年半ぶりになりますが、やっぱり新しいスマホの購入はわくわくして楽しいですね!

今回のSH-M08への機種変更で感じた大きなポイントは以下の通りでした。

  • おサイフケータイが便利
  • 価格が安い
  • スペックはそれなり
  • 便利機能が多くて満足
  • LINEモバイルの対応が速い

それでは以下詳細について紹介していきたいと思います。

AQUOS sense2 SH-M08のスペック

まずはSH-M08ってどんなスマホ?っていうところを紹介しておきたいと思います。

AQUOS sense2 SH-M08のスペック
メーカー シャープ
販売価格 分割(24回)1,540円
一括34,800円
カラー ホワイトシルバー、ニュアンスブラック、アッシュイエロー、アーバンブルー
OS Android8.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 450(SDM450)1.8GHz オクタコア
メモリ 内蔵ROM32GB
外部ROM microSDMX最大512GB
RAM3GB
カメラ メインカメラ1,200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量 2,700mAh
サイズ 高さ約148mmx幅約71mmx厚さ約8.4mm 
重さ 約155g
ディスプレイ 約5.5インチ、IGZOディスプレイ、フルHD+(1,080×2,160)、リッチカラーテクノロジーモバイル
その他機能 音声通話、Bluetooth® 4.2、Wi-Fi、GPS、加速度センサー、地磁気センサー、近接センサー、照度センサー、ジャイロスコープ、指紋認証、顔認証、おサイフケータイ
SIMサイズ ナノSIM

SH-M08はLINEモバイルの中で数少ないおサイフケータイ対応のスマホです。

その他のスペックに関しては他の機種と比べると可もなく不可もなくといった感じ。

CPUがオクタコア、RAM3GBということでウェブの閲覧や動画鑑賞については問題なくサクサクと動くスペックとなっております。

処理の激しいゲームのプレイなどについては少し物足りないスペックかもしれません。

また電池に負担の少ない充電方法「インテリジェントチャージ」を実装しており電池の劣化を軽減してくれます。1年後でも電池寿命を90%維持できると謳われているので、長期間使い続けても電池の劣化を体感することがないかもしれませんね。

その他、防水対応ということでお風呂でも使えるということになっていますが、お湯の中に落としても良いということにはなりませんので注意が必要です。

「風呂場では、浴室温度40℃以下、湿度99%以下で連続使用2時間以内」などの条件下での使用となります。

AQUOS sense2 SH-M08を選んだ理由

ここでは筆者がSH-M08を選んだ理由について紹介していきます。

おサイフケータイに対応

筆者がSH-M08を選んだ理由は一番の理由はおサイフケータイに対応しているからです。

おサイフケータイを使うことでショッピング時の支払いがかなり快適になりますし、電子マネーやクレジットカード決済が前提になるのでポイントが還元されることがほとんどです。

同じ額のお金を支払ってポイントがもらえるのともらえないのとでは、当然もらえる方が嬉しいですよね。塵も積もれば何とかというやつです。

価格が3万円程度で安い

筆者はもともとiPhoneを使っていて、できることなら使い慣れているiPhoneが良かったのですが最近のiPhoneは高価過ぎますよね。10万円は見ておいた方が良いでしょう。

実際のところ10万円近くのお金を払ってiPhoneを買うべきかどうかと考えたところ、筆者のスマホの使用用途を考えるとそれほどのスペックは必要ないと考えています。

筆者のスマホの使用用途とはウェブの閲覧がほとんどで、あとは人と連絡を取るのに使うくらいです。

これくらいの使用用途で10万円はさすがに払えないなぁと…。

それを考えるとSH-M08の3万円程度という価格帯は魅力的でした。

スペックもそれなりに高い

繰り返しますが、筆者のスマホの使用用途は主にウェブ閲覧です。ハイスペックのスマホは必要ありません。

今回、LINEモバイルで販売されているスマホだけでなく他で販売されているSIMフリーのスマホも視野に入れて選びましたが、おサイフケータイが対応しているのと安価という条件で探した場合、SH-M08のスペックはそれなりのものだということがわかったので選びました。

機種変更手続きの翌日に到着

AQUOS sense2 SH-M08 レビュー 翌日到着

 

上記の理由でSH-M08に決めてさっそくLINEモバイルで機種変更手続きをしてみたところ、手続きの翌日にスマホが届きました。なんという速さ・・・。

しかも土曜日に手続きをして日曜日に届きました。週末のため受付や発送処理が平日の月曜日になるということではないようです。

週末にも関わらずすぐに処理をしてもらえるのは、機種変更のワクワク感に水をささない感じで嬉しいですよね。

SIMサイズ変更手続きを実施。翌々日にSIMが到着

SIMサイズ変更 新しいSIM

今回iPhoneからSH-M08に機種変更をしたわけですが、SIMのサイズが変わりました。それによりSIMサイズ変更の手続きが必要になります。

LINEモバイルでは機種変更手続きの中で購入する機種を選ぶ時にSIMサイズが変わる旨をポップアップで知らせてくれる(画面にメッセージが表示される)ので、新しいスマホが届いてからSIMサイズが合わないと発覚することはありません。親切ですね。

SIMサイズ変更手続きについては、手続き後翌々日に新しいSIMが到着しました。

SIM手続きをしたのが夕方だったので翌々日になったのかもしれません。

少しでも速く商品を受取りたいのであれば速い時間帯に手続きをすることをおすすめしておきます。

また、今回機種変更手続きにより商品決済完了メールが届いた際に以下の内容が記載されていました。

■注意事項
・ご契約中のSIMカード種類(サイズ)と、今回購入した端末に対応するSIMカード種類(サイズ)が異なる場合は、購入した端末受け取り後に、マイページ内の「SIMカード変更」から、サイズ変更手続きを行ってください。

機種変更手続き時点でSIMサイズが変わることはわかっているのですが、新しいスマホが届いてからSIMサイズ変更をしないといけないと、筆者は読み取ったのですが機種変更手続きと並行してSIMサイズ変更手続きをすると、新しいスマホを少しでも速く使えるようになるかもしれませんね。

使ってみてわかったAQUOS sense2 SH-M08の良いところ

ここではSH-M08を購入し、実際に使ってみてわかった良いところを紹介していきます。

おサイフケータイで買い物が楽

SH-M08を選んだ一番の理由であるおサイフケータイ携帯の使い勝手は抜群です。とにかくショッピング時のレジでの支払いが楽で速いです。

これまでの現金やクレジットカードの場合、バッグからサイフを取出す⇢サイフから現金orクレジットカードを取出す、という手間がありましたがおサイフケータイはポケットからスマホを取り出すだけで良いのです。

最近はリュックスタイルの方が多いと思います。筆者もそのうちの一人ですがリュックだと鞄からサイフを取り出すのがすごく面倒くさいのです・・・。

それがズボンや上着のポケットからスマホを取り出すだけでよくなったというのはかなりのメリットです。

また、支払いはスマホを機械にかざすだけですから、もちろんお釣りをもらうこともありません。

小銭をジャラジャラと落とさないように気をつけながら受取り、それをサイフに片付けるという手間もありません。

おサイフケータイは本当に快適です。

顔認証でロックの解除が楽

SH-M08は顔認証に対応しているので、画面を見ているだけでロックの解除ができます。もちろん指紋認証にも対応しています。

筆者は顔認証にロックの解除を初めてやってみたのですが、かなり楽です。

もはや指を指紋センサー上に置くことすら面倒になってしまいました(どんどん堕落していってます・・・)

顔認証は暗いところでは使えないので、その時は指紋認証を使います。

「AQUOS便利機能」が便利

SH-M08では「AQUOS便利機能」というものが提供されています。

AQUOS便利機能にはいろいろな機能があるのですが、その中で筆者が便利だと思ったものを紹介していきます。

スクロールオート

スクロールオートは指でスクロールをしなくても勝手に画面をスクロールしてくれる機能です。

スクロールはもちろん上下に対応しており、スクロールのスピード調整もできます。

スクロールオートはスクロールして欲しい時に勝手にスクロールしてくれて止まって欲しい時には止まる・・・といったものではありません。さすがにそこまでの機能ではありません。

あくまでも動いたら動きっぱなしです。とはいえ止めたい時はすぐに止められます。

ウェブの文章をじっくり読みたい時に少しずつスクロールするのは手間だと思いますので、スクロールオートはそういった場合に便利な機能だと思います。

Clip Now

Clip Nowは画面の縁をなぞることでスクリーンショットや一時メモを取得できる機能です。

iPhoneの場合は「ホームボタンと電源ボタンを同時押しする」あるいは「Assistive Touch」という機能を使ってアイコンを何度かタップしないといけませんでしたが、Clip Nowでは画面の縁のなぞるだけでスクリーンショットが撮れますので楽です。

一時メモはスクリーンショットを一時的に画面の端に付箋のような形にしておいて置く機能です。あとでまたすぐに見たいと思った画面の一時的な保存をするのに便利な機能になっています。

スクリーンショットは画面の縁を横方向になぞるのに対し、一時メモは画面の縁を縦方向になぞることで撮れます。

すごく簡単な操作なのでスクリーンショットをよく撮る筆者としては重宝しています。

かんたんモード

筆者は使いませんがSH-M08にはかんたんモードがあります。

主にホーム画面の表示状態を変えるものと思ってもらえれば良いかと思います。

かんたんモードに切り替えることでホーム画面のアイコンが大きく表示されたり、必要最低限のものだけの表示になるので操作がわかりやすくなります。

主に中高年者向けの機能という感じです。

スマホの操作が苦手な方に優しい機能となっています。

のぞき見ブロック機能が便利

SH-M08にはのぞき見ブロック機能が実装されています。

のぞき見ブロック機能は周りから画面を見えにくくする機能です。

覗き見防止フィルムを貼れば良いのではないかと思うかもしれませんが、筆者の個人的な意見としては覗き見防止フィルムを貼ってしまうとせっかくのキレイなディスプレイ表示が台無しになると思っています。

のぞき見ブロック機能を使っている間も画面にスモークがかかったような感じになるので同じですが、のぞき見される心配がないところではオフにすることでキレイなディスプレイ表示の恩恵を受けられるのです。

のぞき見ブロックのオン/オフをコントロールできるのは嬉しいですよ。

アクセサリーが意外と豊富

今回SH-M08を購入するにあたり心配していたのがアクセサリー(特にケース)の種類です。

iPhoneはアクセサリーが豊富でよかったのですがAndroidは機種が様々なのでその機種に合ったアクセサリーがどれだけ販売されているのか・・・と考えると不安でしたがSH-M08は意外とアクセサリーが豊富でした。

ただし町の家電量販店くらいではあまり種類を取り扱っておらずヨドバシカメラやビックカメラなどの大きな家電量販店に行かないと豊富に取り扱っていないイメージです。

また、メーカーのサイトでは豊富な種類を取り扱っていますのでそちらで購入するのも1つの手です。

Androidのスマホは機種によって使える使えないというのがあって、アクセサリー選びはやや慎重になる必要があるのですが、シャープのメーカーサイトでは機種を選んでそれに対応するアクセサリーを選ぶということができるので、メーカーサイトはそういった意味でも便利です。

とにかくSH-M08はアクセサリーがそれなりに豊富なので一度メーカーサイトを覗いてみると良いでしょう。

>>> SH-M08のアクセサリーはこちら

AQUOS sense2 SH-M08のレビューのまとめ

SH-M08は筆者のようにウェブ閲覧がメインとなる使い方をするのであれば、スペックは問題ありません。

またおサイフケータイが使える便利なスマホとなっております。

最後に本記事で紹介したSH-M08への機種変更について以下にまとめます。

ポイント

  • おサイフケータイが楽で便利でお得
  • 3万円程度で安い
  • スペックはそれなりに高い
  • 顔認証が便利
  • AQUOS便利機能が便利
  • のぞき見ブロック機能が便利
  • アクセサリーが豊富
  • 機種変更やSIMサイズ変更の対応が速い
その他の端末
LINEモバイルのおすすめ端末
LINEモバイルの端末のラインナップ!用途別におすすめを紹介!

続きを見る

スポンサーリンク




スポンサーリンク






-LINEモバイルのレビュー, LINEモバイルの端末

Copyright© LINEもばぶる , 2019 All Rights Reserved.