LINEモバイルの料金

【LINEモバイルの料金】申込みから解約までの料金をまとめて紹介

更新日:

LINEモバイル 料金

SNSのデータフリーが魅力のLINEモバイルですが、実際に使うとなると料金の支払いはどれだけ必要なのか。

本記事ではLINEモバイルの申込みから解約までの一連の料金を紹介します。

LINEモバイルへ乗換えを考えているのであれば、参考にしてもらえれば幸いです。

 

LINEモバイル申込時の初期費用

まずはLINEモバイルに申込む時にかかる料金です。

LINEモバイルに申込む時の初期費用には、登録事務手数料3,000円(税抜)とSIMカード発行手数料400円(税抜)があります。

▼LINEモバイルの初期費用

登録事務手数料 3,000円
SIMカード発行手数料 400円

これらの初期費用は、利用開始月の翌月5日頃に請求されます。

登録事務手数料を無料にする2つの方法

LINEモバイルに申込む時の登録事務手数料(税抜3,000円)を無料にする方法が2つあります。

エントリーパッケージと招待キャンペーンのどちらがお得かというと、単純にそれだけを比較した場合は招待キャンペーンの方が断然お得です。

しかし、招待キャンペーンは他のキャンペーンとの併用ができない場合があります。

その場合はエントリーパッケージを利用しつつ、他のキャンペーンを利用した方が結果的にお得になる場合もありますので、その他のキャンペーンの内容を確認の上、どちらを使うのかを決めた方が良いですよ。

キャンペーンなどの割引きをできるだけ併用する方法を以下にまとめていますので、参考にしてみてください。

エントリーパッケージを利用して申込む

Amazonなどの通販サイトや家電量販店で販売されているエントリーパッケージを、LINEモバイルの申込時に利用することで登録事務手数料が無料になります。

エントリーパッケージはAmazonであれば大体400円くらいの価格で販売されています。

実はエントリーパッケージは良いことばかりではありません。 以下の記事でエントリーパッケージの注意事項などをまとめています。

招待キャンペーンを利用して申込む

招待キャンペーンを利用することで、登録事務手数料(税抜3,000円)が無料になります。

招待キャンペーンとは

招待キャンペーンとは、LINEモバイルの利用者が発行した招待URLをLINEやメールで送ってもらい、そこからLINEモバイルに申込みをすると登録事務手数料が無料になるお得なキャンペーンです。

注意としては、登録事務手数料が無料になるのは音声通話SIMを申込んだ場合のみということです。

データSIM(SMS付き)の契約であれば登録事務手数料が500円に、データSIMでの契約であれば登録事務手数料が1,000円になります。

 

LINEモバイルで端末を購入する時の料金

LINEモバイルに申込むにも、端末(スマホ)が無ければ始まりませんよね。

まずは、お手元の端末がLINEモバイルで使える機種なのかを確認してみましょう。

対応機種は以下のページで確認ができます。

>>> 動作確認済端末を調べる

iPhoneの場合、ソフトバンクのiPhoneはソフトバンク回線で、ドコモのiPhoneはドコモ回線であれば、ほとんどがそのまま使えます。

それだけではなくSIMロックを解除すれば使える機種は多いので、わざわざ新しい端末を買わなくても良いケースは多いと思います。

それでもお手元の端末が使えない機種だった、あるいは端末が無いという場合はLINEモバイルに申込む時に端末を合わせて購入することもできます。

LINEモバイルでは安い端末だと20,000円(税抜)を切る端末も販売されています。

LINEモバイルに申込む大きな理由として、スマホ代を節約したいという理由があるかと思いますので、安い端末が販売されているのは魅力的ではないでしょうか。

目的別におすすめの端末を紹介している記事はこちらです。

LINEモバイルの料金プラン

次は料金プランです。

LINEモバイルの料金プランは大きくわけて3つあります。

LINEモバイルの料金プラン

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

LINEモバイルの公式サイトでは料金診断ができますので、まずはやってみてください。

LINEモバイルを利用すると月々の料金が大体どれくらいになるのか、イメージができると思います。

LINEモバイルの3つの料金プラン

LINEフリープラン

LINEフリープラン・こんな人におすすめ|LINEモバイル

▲LINEフリープランはこんな人におすすめ

SIMの種類 月額
データSIM 500円
データSIM
(SMS付き)
620円
音声通話SIM 1,200円

LINEフリープランの特徴

  • LINEがデータフリー
  • データ容量は1GB

データ容量1GBでできること

  • テキストメール(300文字) 約66,000回
  • ホームページ(300KB) 約3,300回
  • YouTube(360P) 約4時間

LINEフリープランは、LINEだけをよく使う人や子供に持たせるのにおすすめのプランになります。

LINEフリープランは使えるデータ容量が1GBだけなので、SNSや動画鑑賞をよくするのであれば、次に紹介するコミュニケーションフリープランがおすすめになります。

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープラン・こんな人におすすめ|LINEモバイル

▲コミュニケーションフリープランはこんな人におすすめ

▼コミュニケーションフリープランの月額料金

容量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

コミュニケーションフリープランの特徴は以下の通り。

コミュニケーションフリープランの特徴

  • LINE・Twitter・Facebook・Instagramがデータフリー
  • 使い方に合わせてデータ容量を柔軟に選べる

データ容量3GBでできること

  • テキストメール(300文字) 約198,000回
  • ホームページ(300KB) 約9,900回
  • YouTube(360P) 約12時間

コミュニケーションフリープランはSNS(Twitter、Facebook、Instagram)をよく利用する人におすすめです。

特に、Instagramなどでキレイな写真(容量が大きい画像)をアップロードする人にはかなりおすすめです。

SNSがデータフリーであることがLINEモバイルの一番の特徴です。

筆者はコミュニケーションフリープランの3GB(月額1,690円)を利用していますが、すごく快適に使えています。

らい太
筆者が実際に使っている料金プランです。

MUSIC+プラン

MUSIC+プラン・こんな人におすすめ|LINEモバイル

▲MUSIC+プランはこんな人におすすめ

▼MUSIC+プランの月額料金

容量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円
  • LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSICがデータフリー
  • 使い方に合わせてデータ容量を柔軟に選べる

データ容量3GBでできること

  • テキストメール(300文字) 約198,000回
  • ホームページ(300KB) 約9,900回
  • YouTube(360P) 約12時間

MUSIC+プランは、LINEやSNS(Twitter・Facebook・Instagram)に加えてLINE MUSICをよく使う人におすすめのプランです。

コミュニケーションフリープランにLINE MUSICのデータフリーが追加されたと思ってもらうとわかりやすいかもしれません。

LINE MUSICをよく使う人、あるいはこれから使ってみたい人はMUSIC+プランを選ぶと良いでしょう。

料金プランの変更は無料で出来る

最初は「結局、自分にはどのプランが良いのかわからない」と思うかもしれません。

そんな悩みを抱えているなら、最初は使えるデータ容量が大きいプランを選んでおくことをおすすめしておきます。

LINEモバイルでは後から無料で料金プランの変更が可能なので、気楽に選べば良いと思います。

データ容量が大きいプランは月額料金が高いと心配するかもしれませんが、LINEモバイルは初月の月額料金が無料であったり、キャンペーンで最初の3ヶ月は月額料金の大幅割引があったりするので、申込み直後に大きな月額料金が発生することはほとんどありません。

キャンペーンはその時々により変わってきますので、LINEモバイル公式サイトで確認するようにしましょう。

本サイトでもLINEモバイルのキャンペーンについてまとめていますので、よかったらどうぞ!

データ容量の追加購入に必要な料金

使えるデータ容量の上限を超えてしまった場合、データ容量を追加で購入することができます。

データ容量の追加購入の料金は利用する回線(ドコモ or ソフトバンク)によって違います。

回線別の料金を以下に紹介しておきます。

▼データ容量の追加購入料金

回線 容量 料金
ソフトバンク 0.5GB 500円/回
1GB 1,000円/回
ドコモ 0.5GB 500円/回
1GB 1,000円/回
3GB 3,000円/回

追加購入の回数制限

  • ソフトバンク回線:月10回まで
  • ドコモ回線:月3回まで

このようにデータ容量の追加購入の料金はソフトバンク回線とドコモ回線で違いますが、これ自体でどちらの回線の方が良いと判断をつけるポイントにはならないと考えますので、参考程度で見てもらって大丈夫です。

LINEモバイルの通話料金

続いてLINEモバイルの通話料金です。

国内の通話料金

▼国内通話の料金

通常 20円/30秒
「いつでも電話」
利用時
10円/30秒

国内の通話料金は20円/30秒です。

ただし、無料アプリ「いつでも電話」を利用することで通話料金は10円/30秒になります。

いつでも電話 - LINEモバイルの通話料がお得に -

いつでも電話 - LINEモバイルの通話料がお得に -

LINE MOBILE Corporation無料posted withアプリーチ

国際電話の通話料金

国際電話の通話料金は回線によって違います。

ドコモ回線であればNTT docomoが指定する通話料金、ソフトバンク回線であればソフトバンクが指定する通話料金となります。

また、料金は相手の国によって変わります。

ちなみに国際電話には「いつでも電話」は使えません。

オプションサービスの料金

LINEモバイルにはいろいろなオプションサービスがあります。

▼LINEモバイルのオプションサービス一覧

オプション 月額
10分電話かけ放題
オプション
880円
端末保証オプション 450円〜
Wi-Fiオプション 200円
ウイルスバスター
オプション
420円
LINE MUSIC
オプション
下記参照
フィルタリング
オプション
無料
留守番電話 下記参照
留守番電話プラス 420円
割込電話 下記参照
グループ通話 200円
通話明細 100円
ナンバーブロック 100円
転送通話 無料
国際電話 無料
国際ローミング 無料

ここでは各オプションサービスの概要とその料金について紹介していきます。

10分電話かけ放題オプション

▼10分電話かけ放題の月額料金

月額 880円

10分電話かけ放題オプションは、通話アプリ「いつでも電話」を使うことで10分以内の電話が何度でも誰とでもかけ放題になるオプションサービスです。

LINEで人気No.1のオプションサービスとなっています。

例えば、「いつでも電話(10円/30秒)」を使って10分の通話を1日1回行った場合、30日(1ヶ月)で6,000円の通話料金が発生しますが、本オプションサービスを使うことで880円に抑えることができます。

別の見方をすると、「いつでも電話」を使って1ヶ月間で10分以内の通話をトータル44分以上するのであれば申込んだ方が良いオプションサービスと言えます。

端末保証オプション

▼端末保証オプションの月額料金

LINEモバイルで
購入した端末
450円
ご自身で用意した端末 500円

端末保証オプションは、落下や水没など端末が故障した時に最低限の負担で端末交換または修理をしてもらえるオプションサービスです。

ただし、申込みが出来るのはLINEモバイルの申込み時、もしくは機種変更時だけです。

注意ポイント

LINEモバイルの申込み時か、機種変更時にしか申込みができません。

高価な端末を使うのであれば申込んでおくと良いでしょう。

Wi-Fiオプション

▼Wi-Fiオプションの月額料金

月額(最初の2ヶ月無料) 200円

Wi-Fiオプションは、カフェや駅など全国約49,000ヶ所で利用できる公衆無線Wi-Fiサービスです。

また、スマホだけでなくパソコンやタブレットなどWi-Fi接続ができる機器なら使うことができるのも魅力的です。

初回の2ヶ月は無料で使えるので、お試しで使ってみるのも1つの手だと思います。

Wi-Fiオプションを筆者が使ってみた感想もよかったら読んでみてください。

ウイルスバスターオプション

▼ウイルスバスターオプションの月額料金

月額(初月無料) 420円

ウイルスバスターオプションは、トレンドマイクロ(TREND MICRO)のウイルスバスターをスマホやタブレット、パソコンなど、好きな組み合わせで最大3台までインストールできるオプションサービスです。

例えば以下のような脅威から端末を守ってくれます。

身近な脅威

  • アカウント乗っ取り
  • 詐欺サイトで個人情報の漏洩
  • SMSを悪用した詐欺
  • スマホウイルスで端末の故障

その他、盗難・紛失時のリモート操作や通信量のチェックなどにも役立つオプションサービスになっています。

LINE MUSICオプション

▼LINE MUSICオプションの月額料金

LINEモバイル契約時に
申込んだ場合
・最大2ヶ月無料
・3〜6ヶ月目:500円/月
・7ヶ月目以降:750円/月
LINEモバイル利用中に
申込んだ場合
・初月無料
・2ヶ月目以降:750円/月

LINE MUSICオプションは、通常月額889円(税別)のLINE MUSICを上記の料金で利用できるお得なオプションサービスです。

LINE MUSICとは

LINE MUSICとは、定額制オンデマンド型音楽配信サービスです。

LINE MUSICオプションは、通常より月額料金が安価で、かつMUSIC+プランでデータフリーにもなって、LINEモバイルと相性が良いサービスになっていますね。

フィルタリングオプション(無料)

▼フィルタリングオプションの月額料金

月額 無料

フィルタリングオプションは、有害情報を含むサイトや危険なサイトに意図せずアクセスしてしまうのを防止できる無料のオプションサービスです。

出会い系やSNSによる被害、高額請求などネットの危険を防ぐことができるので、お子様にスマホを持たせる時に便利なオプションです。

LINEモバイルでは標準でこういったオプションがあるので嬉しいですね。

参考

18歳未満の利用者がフィルタリングアプリを利用するのは義務になっています。

その他のオプションサービス

その他のオプションサービスを以下にざっと紹介します。

回線によって提供されていなかったり料金が違うものがあります。

留守番電話

▼留守番電話の月額料金など

  ソフトバンク回線 ドコモ回線
月額 無料 300円
保存件数 30件 20件
保存期間 3日間 3日間

留守番電話機能が使えるオプションサービスです。

留守番電話プラス(ソフトバンク回線のみ)

▼留守番電話プラスの月額料金など

  ソフトバンク回線
月額 420円
保存件数 100件
保存期間 1週間

本オプションサービスは「ソフトバンク回線のみ」の提供になっています。

割込電話

▼割込電話の月額料金

ソフトバンク回線 420円
ドコモ回線 200円

通話中の電話を保留にして、かかってきた他の電話を受けられるオプションサービスです。

グループ通話(ソフトバンク回線のみ)

▼グループ通話の月額料金

ソフトバンク回線 200円

最大5人の複数の相手と同時に通話ができるオプションサービスです。

本オプションサービスは「ソフトバンク回線のみ」の提供になっています。

通話明細

▼通話明細の月額料金

ソフトバンク回線 100円
ドコモ回線

音声通話の通話明細をマイページから確認できるオプションサービスです。

ナンバーブロック(ソフトバンク回線のみ)

▼ナンバーブロックの月額料金

ソフトバンク回線 100円

迷惑電話を20件まで拒否登録でき、着信履歴を残さずにブロックできるオプションサービスです。

本オプションサービスは「ソフトバンク回線のみ」の提供になっています。

転送電話(無料)

▼転送電話の月額料金

ソフトバンク回線 無料
ドコモ回線

着信した電話を他の番号に転送できるオプションサービスです。

国際電話(無料)

▼国際電話の月額料金

ソフトバンク回線 無料
ドコモ回線

国内から海外へ電話をかけられるオプションサービスです。

国際ローミング(ドコモ回線のみ。無料)

▼国際ローミングの月額料金

ドコモ回線 無料

海外通信会社の携帯電話回線で、海外でも通話とSMSの送受信ができるオプションサービスです。

こちらのサービスはドコモ回線のみの提供になっています。

SMS送信料は100円/通が別途かかります。

ドコモ回線とソフトバンク回線の料金の違い

LINEモバイルではドコモ回線とソフトバンク回線の2種類の回線の契約があります。

それぞれの料金の違いを以下にまとめます。

  ドコモ ソフトバンク
登録事務手数料 3,000円
SIMカード発行手数料 400円
料金プラン 同じ
端末保証 450円/月
持込端末保証 500円/月
LINE MUSIC
オプション
750円/月
Wi-Fiオプション 200円/月
ウイルスバスター
オプション
420円/月
フィルタリング 無料
10分電話かけ放題 880円/月
留守番電話 300円/月 無料
留守番電話プラス なし 300円/月
割込通話 200円/月
グループ通話 なし 200円/月
通話明細 100円/月
ナンバーブロック なし 100円/月
迷惑電話ストップ 無料 なし
転送電話 無料
国際電話 無料
国際ローミング 無料 なし
データ追加購入 ・0.5GB:500円
・1GB:1,000円
・3GB:3,000円
・0.5GB:500円
・1GB:1,000円

※赤字は相違がある箇所です。

相違箇所だけをピックアップします。

留守番電話の機能はソフトバンク回線が有利です。基本無料でオプションの「留守番電話プラス」に加入することで、さらに機能を充実させることができます。

グループ電話を利用できるのはソフトバンク回線のみです。

ナンバーブロックはソフトバンク回線のみ、迷惑電話ストップはドコモ回線のみのオプションになります(いずれも指定した電話番号を着信拒否するサービスです)

▼ナンバーブロックと迷惑電話ストップの違い

ナンバーブロック 20件登録可能
迷惑電話ストップ 30件登録可能

国際ローミングを利用できるのはドコモ回線のみです。

データ容量の追加購入は回線によって購入単位が違いますが、料金に違いはありません。

以上がドコモ回線とソフトバンク回線の違いですが、どちらが良いとは言い難いのが実状です。

回線変更手数料3,000円で回線が変更できる

LINEモバイルでは、回線を途中で変更することができます。

申込時に料金的にドコモ回線とソフトバンク回線どちらが良いのかわからなければ、ひとまずドコモからの乗換えであればドコモ回線、ソフトバンクからの乗換えであればソフト

バンク回線というように乗換え時に負担が小さい方を選ぶと良いでしょう。

その際は回線変更手数料3,000円が必要になります。

LINEモバイル解約時の違約金

ここまではLINEモバイルを利用するにあたり必要な料金でしたが、ここでは解約時にかかる料金について紹介します。

▼LINEモバイル解約時の違約金

SIM 違約金
音声通話SIM 9,800円
データSIM、データSIM(SMS付き) なし

解約時に違約金が必要になる条件は以下の通りです。

音声通話SIMをご利用の場合、利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)に、サービスの解約またはMNP転出をする場合は9,800円(税抜)の解約手数料が発生します。

解約時の違約金は発生しますか?| サポート | LINEモバイル

ポイントは音声通話SIMの場合のみ最低利用期間があるということ。

データSIMとデータSIM(SMS付き)については最低利用期間が無いので、いつでも解約が可能です。

また、最低利用期間はLINEモバイルに申込んだ月から13ヶ月間と思っておけば間違いないでしょう。

LINEモバイルに申込むならキャンペーンのお得な料金割引きを利用しよう

LINEモバイルの各種料金の紹介は以上となります。

最後に、LINEモバイルのキャンペーンの紹介をして終わりにしたいと思います。

LINEモバイルでは常に新規契約者にとってお得なキャンペーンがあります。

各キャンペーンを上手く併用することで、LINEモバイルの申込み時の料金を大きく割引いてもらうことができます。

キャンペーンの内容はその時々によって違うので、申込みの際は必ずLINEモバイルの公式サイトをチェックしておきましょう。

LINEモバイル公式サイト

公式サイトを見てもらうとわかると思いますが、LINEモバイルにはたくさんのキャンペーンがあります。

申込みの時にできるだけ多くのキャンペーンを併用して割引きを受けたいけど、どのキャンペーンが併用できるのかが全然わからないと思います。

その場合は、キャンペーンを上手く併用する方法を以下の記事にまとめているので、よかったら参考にしてみてください。

\当サイトおすすめのLINEモバイル!/

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク






-LINEモバイルの料金

Copyright© LINEもばぶる , 2019 All Rights Reserved.